院外処方/医薬分業のメリット
  財団医療法人 藤田記念病院 〒910-0004 福井県福井市宝永4-15-7 TEL:0776-21-1277 FAX:0776-24-2117

院外処方/医薬分業とは?
お薬の事でご不明な点や不安な事がございましたら、お気軽にお近くの職員にお申し出ください。
当院では外来診療での投薬業務はおこなっておりません。最寄の「保険薬局」で処方せんをお渡し、処方して頂いたお薬を代金お支払いの上、お受けとりください。
医師からの診察を受け終えて、会計にてお薬のかわりに処方せんが渡されます。これが「院外処方」/「医薬分業」です。処方せんには薬剤名・種類・用法・用量が記載されています。この処方せんを最寄の 「保険薬局」に提出すると、薬剤師が処方せんの記載内容を確認し、調剤します。患者さんは、この処方せんと引換えにお薬と薬剤の説明を受け渡されます。 このように 医療の高度化とともに機能分化が進み、様々な専門分野が日々出来ています。医療の現場と保険薬局と、それぞれの専門家達が協力し合うことで、よりよい医療の提供が図られています。 「院外処方」/「医薬分業」も、医師と薬剤師が協力し、お薬をより安全に使っていただくために出来た制度です。
医師が診療に専念し、薬剤師が調剤することにより、お薬の使用がより安全になります。
処方せんにより、あなたのお薬の処方内容が明らかになります。
かかりつけ薬局ではあなたのお薬に関する記録を保管しています。お薬に対するアレルギー、副作用等を記録しておくこで、あなたの服用するお薬の安全性を高めることができます。
他の病院や診療所の処方と同じ薬が重複していたり、危険な飲み合わせがある場合など処方内容に疑問がある場合、薬剤師が医師に問い合わせ、その結果、処方内容の変更や、処方中止等の処置がとられることもあり
飲み忘れ・飲み間違いを防ぐため、1回に飲むお薬を一包にまとめたり、お薬の名前や飲み方、効能・効果や副作用などの情報を書いたメモをお渡しして説明をしたり、お薬手帳 や健康手帳にお薬の情報などの記録もします。特に複数の 医療機関や診療科を受診している患者さんは、是非1カ所「かかりつけ薬局」を決めて、処方せんによる調剤を受けら れることをお勧めします。
「くすり屋さん」なら、どこでも処方せんが調剤できますか。
薬局であればどこでも処方せんにより調剤できます。ただし、「保険薬局」でないと保険は適用されませんので、「保険薬局」の表示がある薬局に行ってください。
処方せんは、代理の者が持って行っても調剤できますか。
処方せんがあれば、ご本人でなくてもかまいません。患者さんはお宅でお休みになり、ご家族の方などが処方せんをお持ちになっても、調剤できます。
薬局へファックスで処方せんを送ることができると聞きましたが。
かかりつけの薬局に処方せんをファックスで送ってお<と、実物の処方せんを薬局に持って行けばすぐにお薬を受け取ることができます。また、お体が不自由であったり、一人暮らしで薬局に行けない場合や、透析液のように持ち帰りが困難なお薬の場合などは、ご自宅までお薬をお届けすることも可能です。
お医者さんで出るお薬よりも料金が高いのはなぜですか。
処方せんにより薬局でお薬を受け取る場合、病院から直接お薬をもらうよりも患者さんの負担は若干高くなります。これは、薬局では患者さんのお薬の使用歴(薬歴)を記録したり、丁寧な服薬指導を行うことによるものです。なお、病院や医院と同じように、薬局でも老人保健、乳児医療、労災保険等が適用になります。
(社団法人 福井県薬剤師会HPより)