財団医療法人 藤田記念病院 〒910-0004 福井県福井市宝永4-15-7 TEL:0776-21-1277 FAX:0776-24-2117

人工透析(血液透析・腹膜透析)

当病院では腎臓の機能が悪くなる原因として、糖尿病、腎炎、高血圧症などの外来管理から、外来維持透析、合併症治療まで、腎臓疾患治療を行っています。
「腹膜透析」は、お腹の中の内臓の表面を覆っている腹膜を利用して行う透析方法です。「腹膜透析」を選択する人は増加傾向にはあるものの全体の5パーセント以下で、大部分の人は透析管理が行いやすいダイアライザー(透析器)を使用した血液透析を選択しています。
血液透析や腹膜透析以外に、透析中の血圧低下や血圧不安定な患者(透析困難症)等に有効な「血液透析濾過法(HDF)」があります。
人間の腎臓には、下記の7つの働きがあります。
@ 体の中で不要になった老廃物(クレアチニン・尿素・尿酸等)を尿として排泄
A 水分調整(余分な水分を尿として排泄)
B 電解質(ナトリウム・カリウム・カルシウム・リン等)バランスの調整
C 血液の弱アルカリ性(Ph値 7.4)維持
D 造血刺激ホルモンの分泌
E ビタミンDを活性型ビタミンDにして血液中のカルシウム吸収補助
F 血圧調整
人工透析とは?
腎不全に陥った患者さんが尿毒症になる事を防止するには、外的な手段で血液の「老廃物除去」「電解質維持」「水分量維持」を行わなければなりません。この治療方法を透析と言います。
人工透析は、大きく分けて
  @ ダイアライザー(透析器)を使用した 血液透析(Hemodialysis:HD)
  A ダイアライザーの代わりに自己の腹膜を利用する
                  腹膜透析(Peritoneal Dialysis:PD)
                        の2種類があります。
*透析全般に関してお聞きしたい事、疑問な点等ありましたら、お気軽に病院職員にお尋ね下さい。